ニキビのできるしくみ

ニキビができる原因は、ホルモンバランスの崩れによる、肌表面の皮脂量の異常です。思春期にできるニキビは、第二次性徴による性ホルモンの過剰分泌による皮脂腺の活動活発化と、肌細胞(角質細胞)の増加による毛穴の狭まりです。毛穴から出るはずの皮脂がうまくいかずに皮膚内に収まったままになると、詰まって細菌の繁殖の原因となってしまいます。成人ニキビ(大人ニキビ)の場合は、不規則な生活やストレス、寝不足などによって体内のホルモンバランスが崩れることで、同じように皮膚に皮脂のつまりを引き起こしてしまうことになるのが原因です。
ニキビは進行状態によって呼ばれ方が変化します。最初の段階は「面皰(コメド)」と呼ばれる小さな盛り上がり程度のものです。表に出る色により白ニキビ、黒ニキビとも言われます。これらの色の違いは、詰まりを起こしている毛穴が表に向かって開いているかどうかによって生まれます。
やや進行すると「虹色丘疹」と呼ばれる状態になります。これは、詰まった皮脂の中にアクネ菌が入り込み増殖をした状態です。雑菌の入り込んだニキビは赤くなって盛り上がります。
さらに進行が進むと、皮膚内部の皮脂が化膿して「膿疱」という状態になります。色から「黄ニキビ」と呼ばれることもあります。この状態にまで進行してしまうと、ニキビそのものが治ったあとも肌に凹凸ができたり、色素沈着が起きてしまったりします。ニキビ対策で大切なのは、最初の段階で進行を止めることなのです。